骨まで細菌が侵食している歯は抜かないといけませんか?

お悩み相談例
骨まで細菌が侵食している歯は抜かないといけませんか?

骨まで細菌が侵食している歯は抜かないといけませんか?

歯茎が痛み、歯医者に行ったところ、重度の歯周病で抜歯が必要とのことでした。
歯周ポケットが6つあるとの事で歯のまわりの骨も細菌に侵食され、根っこまで細菌が行く前に、結局治療しても、お金の時間のかかるし、隣の歯に移る前に抜歯が1番との事。
あさって抜くといわれ、とりあえず麻酔をして、膿を出し、抗生物質を渡されました。
抜歯以外にはどうしようもないのでしょうか。自業自得とはいえ、ショックで・・。
(2007.1.19)
重度の歯周炎の場合、ブラッシングの改善や歯石除去などの初期治療では治らな
い場合が多くあります。
担当の先生がおっしゃるように、重度の歯周病の歯を長く残しておくと、隣接する歯に悪影響が出る場合もあります。
抜歯をしない場合のリスクをよくお聞きになった上で、歯周病の手術など、抜歯をせずに残せる方法がないか担当の先生にご相談されるとよいでしょう。

口臭治療 歯周病治療 歯槽膿漏 専門外来|池袋じゅん歯科

日付:   カテゴリ:歯周病 Q&A, 重度 歯周病 and tagged ,