他の歯に感染すると言われたものの、歯を抜くのに抵抗があります

お悩み相談例
他の歯に感染すると言われたものの、歯を抜くのに抵抗があります

他の歯に感染すると言われたものの、歯を抜くのに抵抗があります

奥歯の歯茎が腫れて痛い状態に最近なり、地元の歯医者に伺った結果、歯槽膿漏だと判断されました。

レントゲンを撮った所、奥歯の根っこ部分が黒く(影)になっていました。右の奥歯上下一本ずつ。左は奥歯(親知らず)から二番目の歯上下が歯槽膿漏だと判断されました。

元から歯の根が短いらしいです。

そこの歯医者では膿を出してもらいましたが、他の歯に感染する可能性があるので、早い内に歯を抜いてブリッジをかけ差し歯にした方がいいと言われたのですが、出来れば自分の元の歯を残せたらと希望しているので、差し歯以外での治療があればと思い相談いたしました。

(2007.1.19)

歯槽膿漏は感染の元を取り除かないと進行を止めることは出来ません。

取り除いたとしても骨がもとに戻らないと歯を支えることが出来ずに再発してしまう可能性があります。状態によっては再生療法を用いることで改善するかもしれません。

感染を完全に取り除く事を考えると歯を抜くことも選択の一つになると思います。

口臭治療 歯周病治療 歯槽膿漏 専門外来|池袋じゅん歯科

日付:   カテゴリ:歯周病 Q&A, 歯槽膿漏 and tagged